美容専門も楽しそうですし、お金があったら美大も行ってみたいですね。学費ェ…(絵津鼓先生「SUPER NATURAL」)

美容専門学校って楽しそうです。

メイクとか、ヘアカット・ヘアメイク、モデル、服飾とかの学科があって

2年?くらいそこで、そういったアーティスティックな勉強をする学校…(※というイメージ

 

もしもう一回学生をするなら、通ってみたい学校No.1です。

絵津鼓先生の最新作は、そんな美容専門学校に通うノンケ同士のお話!

 

SUPER NATURAL
 絵津鼓先生著

————————————————————————————————
美容専門学生の暢(のぶる)と大地は、寮もクラスもグループも
一緒の仲良し同士。

しかし、とあることをきっかけに暢は大地のことを
友達以上に意識し始めてしまう。

素直になれず大地にいじわるばかりしてしまう暢と、
そんな暢の本心が分からず不安になる大地。

ギクシャクした関係から二人の気持ちは少しずつすれ違っていき……。

――「好きかもとか思って、ごめん」
ノンケ×ノンケの友情が恋に発展する瞬間を、
大注目の新鋭・絵津鼓が描く。
————————————————————————————————

 

ノンケがノンケに惚れる作品なんですが、

いやあノンケ×ノンケっていいですね。

 

自分の中で、一番好きな組み合わせがノンケ×ノンケ

ゲイ×ノンケ(逆ももちろん可!)です。

なんだろう、女性を選ぶという選択肢がないわけではないのに

自分と同じ男に惚れる っていうのが凄く「本物の愛」っぽくて好きなんです。

うわ…柄にもなく本物の愛❤︎ とか言っちゃったわ…。

(↑普段「お金で買えないものなんて無いよwww」とか言ってる人間)

 

 

同じ学校の美容科コースに通う同級生同士の暢(ノブル)大地の二人なんですが

冒頭からすでにこの暢が大地のことを気になって気になって、一緒にいる女性とか

名前だけ出てくる自分の知らない奴とかにムカムカモヤモヤしちゃってるんですよ。

 

それは、だよ。(肩ポン)

 

 

暢くん素直じゃない子なので、

「俺が◯◯してやっても…いいケド…??(ソワソワ)」が基本パターンです。

そう、とにかくいちいち可愛いんです。許されざる男!

一方大地はちょっぴり間が抜けている…てゆうかちょっぴしアホの子なので、

その辺の暢に、特に疑問を感じずにスルーです。ぅわあああ罪深い…!

さすがに暢の素直じゃなさが露骨になり始めると気づくんだけどね………。

 

 

物腰もやらかいし、たぶん一緒にいて落ち着くタイプってこういう大地みたいな子なんですよね。

でもそんな大地も、実は芯にはしっかりしたものがあるのを感じます。

誰よりも努力をして、誰よりも一生懸命に目の前のことを頑張っている子なんですよ!

可愛いねほんとそういうところ!

 

 

でもほんと、一生懸命すぎて

コンテストや課題、バイトと

かなりいっぱいいっぱいな状態を自ら選んで頑張っている大地に

暢はなんだかイライラモヤモヤして、それで大地と気まずい感じになってしまうんですよ。

 

 

頑張っている姿を見ているのに、なんでこんなに大地に強く当たってしまうんやろか と

己で!

己を!!

反芻します。

 

 

 

で、その理由が分かって

大地に「ごめんね」するんですよ。「ごめんね」よ「ごめんね」!

謝罪のときに「スマン」とか「悪かった」ではなく

「ごめんね」っていうとか、クッソ可愛すぎかよ!ふざけんな!

許す!!!!

 

 

さーーーーーこっから話がいい感じに進んでいきますよ!!

てわけでこっから先は本編を読んでね!笑

この作品実はすでに出ている大洋図書の「IN THE APARTMENT」のスギモンも出てきます。

スギモンの学生時代が!

そうこれ「IN THE APARTMENT」視点だと過去のお話なんですよ。

美専時代の同級生が暢と大地。

 

あー絵津鼓先生の描く男の子ってほんと可愛いですね。

クリッとした目!

関西弁に免疫皆無な自分も、絵津鼓先生のキャラなら全然OK!

そしてサブキャラの女の子も可愛い…。

可愛い女の子を描く漫画家さんの男の子って、結構ツボに入る率高い気がする…。

 

絵津鼓先生作品何がすごいって、

今回のプランタン出版Canna Comics「SUPER NATURAL」と

大洋図書ihr HertZ Series「IN THE APARTMENT」と

幻冬舎バーズコミックス「モアザンワーズ」が

出版社を跨いでの関連作品なんです。

どういうことかというと

絵津鼓作品相関図 こう!

あっなんかごっちゃごちゃしてしまった!

 

とにかく、時と場所は違えど同じ世界(?)の作品群 というポイントだけ

押さえていただければ…!

なのでぜひ他2作品も合わせて読んでいただきたいです。

(「モアザンワーズ」はnot BL。)

「IN THE …」をすでに読んでいる方は、「モアザンワーズ」の先の展開

知っているんですよね…。

自分もそのタチなので、「モアザンワーズ」を読むのはすごい勇気が…。

だってあのいい関係がこの後…。

けどね、こっちもオススメです。続きが楽しみです。

 

 

 

そうそう、

「SUPER NATURL」の後に「IN THE APARTMENT」を読み返すと、

スギモンがちょっと大人になったんだな…

と我が子を見守る母のような気持ちに浸れます。(笑)

 

(ぴよ)

 

 

2話の扉絵が好きです。

仲良しメンバー揃ってはいポーズ!みたいな。

ああ青春。