七夕と織姫とおきつね茶屋

こんにちは、お疲れ様です。

スタッフのぴよです。

七夕に、織姫(♂)と彦星が逢瀬を重ねるのを
心の底から願った私です。

織姫攻めです。

残念ながら、今年も天の川を見ることは叶いませんでした。
でもよく考えたら、
天の川って割と年中見れるはずですよね…

調べてみたら、あれくらいの時期が一番見やすい、みたいなことでした。

とはいっても、本当に田舎や山奥で暗いところに行かないと
星自体見ることは叶わないですよね………。

私が以前住んでいたところは、田舎ってほど田舎ではありませんが

街頭は凄く離れた間隔で設置されているし、
深夜になると大きなライトはほとんど落とされて。

でも、
ちょっと脇道に入れば真っ暗
(月ってこんなに明るいのね…)と、平安貴族じゃありませんが
ちょっぴり素敵な和歌でも一筆認めるか  となりそうな場所でした。

おかげで星が凄くよく見えていたのです。

それはそれで、めっちゃ怖いのですけれどね笑

歩いていて、溝とか落ちますから。
溝に気づかないレベルの暗さでした…。

 

ところで、そんな私の書いた7月ブログ選手権の記事は
こんなカップルが見たい!で書いております。

さんみさんとこの話をした時に、「織姫が攻め」で盛り上がりました。
この場合、

女装男子攻め

のジャンルわけであっているのでしょうか…。
私の脳内での織姫さまは、とてつもなくマッチョだったことについては
多く語りません。
皆様のご想像におまかせいたします。

 

 

さて!

ただいまBook Labyrinthでは
松幸かほ先生の大人気作「狐の婿取り」シリーズコラボカフェ

その名も『おきつね茶屋』を開催中です。

メニュー2品のひとつが「おぜんざい」です。

ただのおぜんざいではなく、今回は冷やし。

冷たいおぜんざいwithクリーム&バニラアイスで
冷やしクリームぜんざいをお出し中です。

今からの熱い夏にぴったしな、冷たくて甘い
しかも和風なデザート。

体を冷やしすぎないように、熱い緑茶がセットで付いてきますので
ご安心を!

小豆の粒がしっかりしているタイプのおぜんざいなので
豆の食感も楽しめます。

7/25までの期間限定メニューですので、
ぜひ食べにいらしてくださいませ。

(ぴよ)

 

 

さんみさんが、オーダー表を作る際に
image
と記載していて、はて?? と思ったら

ぜんざいって「善哉」って書くのですね。
はー!知らなかったです。
平仮名だとばかり思っておりました。

調べてみると、「善哉」→”ぜんざい” ”よきかな” とも読ませるらしく
昔、これを食べた方が「よきかな(※褒め言葉的な意味)」と言ったことから〜…
という説があるらしいです。