高校野球児とプロ野球選手。どっちも違って、どっちも良い。

暑ーーーーーーーーーーい!!

 

 

こんにちは、お疲れ様です。

スタッフのぴよです。

image
分かりますでしょうか?
ラビリンスのレジはこの時間すごく
床が光って目が痛いのです…。

床の明るさが、外の暑さと比例している気がしてなりません。

そんな夏のBook Labyrinthです。

 

 

 

 

そうそう、甲子園ですが
広島の高校が勝ち進んでいるようですね。

 

カープとともに、こちらも頑張って欲しい広島人心です。

「野球」とか「高校球児」というと
「おおふり」や「メジャー」が有名で、私も大好きなのですが

やはりBL的な話に持って行きたい私は京山あつき先生
聞こえない声」シリーズの話をここでします。笑
(大洋図書 H&C Comics ihr HertZシリーズ)

 

ぶきっちょで男前〜とか、かっこいい〜とかよりも
「コロコロして可愛らしい」という言葉がピッタシな後輩と
彼が可愛くて仕方ない先輩のキュンキュンなお話なのです。
冬のお話ですけれど…。

 

京山先生の独特なタッチも、内容とすごくマッチしていて
野球BLといえばやはりこれしか無いでしょう!

私の中で大好きな作品なのです。

 

一本一本の線が、キャラの繊細な感情を体現しているような
生命力とかを感じさせるような、
そんな繊細さと力強さを思わせる絵なのです…。

あと〜私は京山先生の作品で
アンバランスなネオンサイン」というバンドマンBLも好き。
(こっちは徳間書店Charaコミックス)

こちらはBL色が強くなく、結局この二人はどうなったんだろう…?
きっともしかしたらこの後、ああなってこんな展開になったりして…
と、読了後の私を激しく掻き立てたものです…。

野球とは関係ありませんが、京山あつき先生作品の中で一番好きです。

ひょんなことがきっかけで、片方を意識するようになっちゃって
そうして膨れ上がる想いが恋心へ………。

そのひょんなこと というのが、メンバーがエイプリルフールについた
「アイツがお前のこと好きらしい」という嘘なのですが
改めて思うと、ヒドイ嘘だな!笑

 

そこからガチな恋心に発展してしまう感じが
ものすごくリアリティがあって良いな〜と思いました。

 

つかず離れずな二人の間柄
すごくヤキモキしつつ、

でも相手を拒絶するでもなく
かといって、受け入れている…でもないし…
な曖昧な感じ…。
リアルだわぁリアルにありそう
てゆうかあるよね?(確信)
となります。

 

 

えっと、野球BLに話を戻しましょう。
野球BLといえば。

 

山本小鉄子先生
チュチュンがチュン」と、そのスピンオフ作品
ふくろうくんとカレ」は

私的に外せません。
(両作品共に大洋図書 H&C Comics ihr HertZシリーズです!)

 

高校野球〜プロ野球までを網羅しております。
小鉄子先生の描く男子は可愛い!えっちぃ!
お話の可愛さと、ベッドシーン?の乱れる吐息の感じとか、汗とかが
えっちぃくて、とても好きです〜〜〜!

「チュチュンがチュン」は、
高校野球部の先輩後輩コンビのお話で

「ふくろうくんとカレ」は↑の作品にも出てくる現役バリバリの
プロ野球選手と、スポーツキャスターさんの恋のお話です。

ぜひ甲子園やプロ野球観戦と合わせて
これらの作品も読んでいただきたい…。

今年はみんな(?)で
野球BL。

(ぴよ)

 

 

 

 

 

 

野球選手の体が好き。

(※体格的な意味で)